おいしい函館 Taste Hakodate Cuisine

食材×料理人、
この街で出会う
幸福なスペシャリテ

menu
up

函館「食」ニュース

旬のごっこを味わえる「恵山ごっこまつり」開催

2020/1/21
旬のごっこを味わえる「恵山ごっこまつり」開催

ユーモラスな姿が特徴の、冬が旬の珍魚「ごっこ(ホテイウオ)」。この魚が獲れる函館市恵山地区で、毎年2月に、「恵山ごっこまつり」が開催されます。一番人気は、プルプルの身とプチプチの卵が楽しめる「ごっこ汁」。1杯300円とあって、毎年、長蛇の列ができるほど。そのほか、漁師飯などの販売や、バター焼きや唐揚げが美味しい「ごっこの生干し」や新鮮な海の幸が並ぶ即売コーナーもあります。 また、愛くるしいごっこの赤ちゃんの展示にも注目です。 恵山ごっこまつり 日時:2020年2月9日(日)11:00~13:00 会場:道の駅「なとわ・えさん」前特設会場 問合せ:函館市役所恵山支所産業建設課 TEL0138-85-2336

はこだてFOODフェスタのポスター完成

2020/1/20
はこだてFOODフェスタのポスター完成

2020年2月22日(土)~23日(日)に開催される「はこだてFOODフェスタ」のポスターが完成しました。今年は約80ブースが出店。夜にも楽しめる企画が催されます。 日時:2020年2月22日(土)10:00~20:00、23日(日)10:00~16:00 会場:函館アリーナ 主催:はこだてFOODフェスタ実行委員会

新規記事掲載のお知らせ

2020/1/20
新規記事掲載のお知らせ

当サイトの「料理人が作る私の函館料理」「訪ねてみたい市場・商店」に、新規記事を掲載しました。ぜひご覧ください。 ■料理人が作る私の函館料理 四季海鮮 旬花/山田 一美 チャイナダイニング鳳凰/花田 勝彦 鮨処 ひろ季/緋田 広樹 レストラン ノルテ/酒井 諭 彩風塘/宮川 朝広 ■訪ねてみたい市場・商店 川村水産(マルヒラ川村水産) 道の駅 なないろ・ななえ

注目集まる函館のワイン造りを、専門誌が紹介

2020/1/16
注目集まる函館のワイン造りを、専門誌が紹介

日本ワインの人気の高まりや、海外や大手メーカーの投資によるぶどう畑の開墾などを受けて、昨今、函館や道南のワイン造りが注目を集めています。こうしたなか、全国向けのワイン専門誌が、函館・道南を大きく取り上げています。   季刊「Winart(ワイナート)」2020年1月号では、北海道のワイン造り特集で、函館市桔梗町にワイン畑を拓いたフランスの名門ワイナリー、ドメーヌ・ド・モンティーユの話題や、北海道庁がワイン事業を志す人材を育成する「道南ワインアカデミー」の取り組みなど、函館や道南の動向を10ページにわたって展開しています。 また、月刊「ヴィノテーク」2019年10月号では、函館のワイナリー「農楽蔵(のらくら)」で醸造を担当する佐々木賢さんの論考を掲載。ぶどう作りに関する函館周辺の土壌や気候などの適性評価について、詳しく紹介しています。   ワイン造りは100年先を見据えた事業ともいわれ、今後もその動向から目が離せません。

「ヒトサラ」ベストシェフに、木原さんと深谷さんが選出

2020/1/10
「ヒトサラ」ベストシェフに、木原さんと深谷さんが選出

人気グルメサイト「ヒトサラ」がその年に最も精彩を放ったシェフとレストランを選ぶ「ヒトサラBest chef &Restaurant2019」に、木原茂信さん(鮨処 木はら)と深谷宏治さん(レストラン バスク)が選出されました。   全国で100人の料理人が選出されたなかで、北海道・東北地区からはわずか5人。そのなかで函館から2人が選ばれたのは快挙です。   木原さんは、本格江戸前鮨の技法で、函館の素材を生かしてひと手間加えた鮨を提供。こだわりのネタ「海峡マグロ」にはファンが多く、観光客にも大人気です。また、深谷さんは、日本におけるスペイン・バスク料理の草分けであるともに、函館を代表するイベント「バル街」「世界料理学会」の仕掛け人としても知られています。   2人の料理は、当サイトでも紹介していますので、ぜひこちらもご覧ください。

「はこだてFOODフェスタ」出店者発表

2019/12/23
「はこだてFOODフェスタ」出店者発表

2020年2月22~23日に函館アリーナで開催する「はこだてFOODフェスタ」の出店者が発表になりました。80以上のブースが並び、函館・道南の食の魅力たっぷりのイベントです。詳しくは「はこだてFOODフェスタ公式サイト」をご覧ください。 問合せ先:(事務局)函館市経済部食産業振興課 TEL 0138-21-3314

山本英司さん、郷土料理コンクール(中国料理)で函館市長賞

2019/12/23
山本英司さん、郷土料理コンクール(中国料理)で函館市長賞

函館の若手料理人の登竜門「郷土料理コンクール」(2019年11月6日開催)で、中国料理部門の函館市長賞に輝いたのは、函館国際ホテルの山本英司さんです。 山本さんは函館市出身の25歳。函館短期大学付設調理製菓専門学校に入学して料理の世界に入り、恩師が総料理長を務める函館国際ホテルの中国料理部門に加わり、経験は7年目になります。「お客さんと顔を合わせる機会は少ないが、全部食べてくれた皿が戻ってきた時や、サービス担当からお客さんの喜んだ声を聞くとうれしい」と山本さん。今回のコンクールでは、同じ職場の五島光さん(27歳)、山登航太さん(21歳)も、それぞれ日本中国料理協会函館支部支部長賞、海藻活用研究会会長賞を受賞しました。総料理長の木村史能さんは、「ホテルの厨房は、いろいろな素材に触れ、調理法も学ぶことができる『道場』のようなもの。いろいろ試してさらに腕を上げて欲しい」と、若手たちにエールをおくります。3人が所属する函館国際ホテル「アゼリア」では、受賞の料理を盛り込んだコース料理を提供予定です。 山本さんの函館市長賞受賞作品。函館近海で採れる3種の海藻を用いた料理。ホッケのアカモク入りすり身の蒸し物(左上)、ホッケと北大ガゴメの塩炒め(右)、イカゲソ入りイカすり身の昆布巻(左下)。野菜を用いて色彩豊かに仕上げ、丁寧な盛り付けが際立った一皿。 2020年1~2月に函館国際ホテル「アゼリア」でディナーとして提供予定の「郷土料理コンクール受賞コース(税込3000円)」。若手3人の受賞料理が盛り込まれます。 コースの一皿。山本さんの受賞作を生かした「アカモク入りイカすりみの昆布巻き」(手前)と「ホッケと北大ガゴメの塩炒め」(奥) 函館国際ホテル アゼリア 所在地 函館市大手町5-10 電話番号 0138-23-8755 営業時間 6:30~10:00(LO9:30) 11:30~15:00(LO14:30) 17:00~21:00(LO20:30) 定休日 なし

岩館昌人さん、日本調理技能コンクールで函館市長賞

2019/12/23
岩館昌人さん、日本調理技能コンクールで函館市長賞

毎年秋に開催される「日本調理技能コンクール」で、このたび最高賞の函館市長賞に輝いたのは、旅館「一乃松」の岩館昌人さんです。 岩館さんは42歳。函館市東部の戸井地区(旧戸井町)で寿司店を営む家庭に育ちました。函館短期大学付設調理製菓専門学校で学びながら、温泉旅館でのアルバイトを経て、18歳で料理人の道へ。22歳で湯の川温泉の旅館「一乃松」に入り、以来、井田朋明料理長のもとで日夜、腕を奮っています。ベテランや若手の料理人が多い湯の川温泉の調理場のなかで、40代前半の中堅世代は少なく、貴重な存在。今後の函館観光を支える料理人として、活躍が大いに期待されます。 コンクールには駆け出しの頃から毎年出品し、函館市長賞は2009年以来、2度目の受賞。また、今回は同じ職場の後輩、三浦寛生さん(25歳)も次点の「函館割烹調理師会会長賞」に選ばれ、喜びもひとしおです。 「時間をかけてじっくり仕込んだ料理が、無事にお客さんのもとに届き、食べてもらえたときが何よりもうれしい」と岩館さん。「大変な面もあるが、やり甲斐のある仕事なので、料理人を志す人が増えてほしい」との願いも語ってくれました。   コンクールへの出展作品は前菜、御椀、焼き物の3品で構成されます。「令和元年 新しい時代へ 食欲の秋」の審査テーマから、前菜では、秋の澄み渡った空を表現しようと高さを意識した盛り付けに。器選びにもこだわり、海老や栗、かぼちゃを使って秋らしい彩りを添えました。 御椀には、アボカド豆腐、タラバガニ、かぼちゃのすり流しなどを使い、こちらも色彩豊かな秋を表現。 旅館 一乃松 所在地:函館市湯川町1丁目3-17 電話番号:0138-57-0001

イタリアンレストランで親子料理教室、参加者募集

2019/12/19
イタリアンレストランで親子料理教室、参加者募集

2019年8月に函館のベイエリアにオープンしたイタリアンレストラン「リストランテ ボンナターレ」で、小学生の親子を対象とした、「おいしい函館 料理教室」を開催します。 本場イタリアのミシュラン2つ星レストランなどで修行した簗田(やなた)シェフから教えてもらいながら、実際にパスタとドルチェを作って試食します。パスタは写真のペスカトーレを作る予定です(材料などの都合により、変更になる場合があります)。 日時:2020年1月17日(金)10:00~13:00 会場:リストランテ ボンナターレ 函館市豊川町11-5(BAYはこだて2号館内) 対象:小学生の親子20組 参加費:1組500円 申込み・問合せ:函館市経済部食産業振興課 TEL0138-21-3314(12/30~1/3を除く平日9:00~17:00)

山海の幸を詰め込んだ「函館お節」発売

2019/12/6
山海の幸を詰め込んだ「函館お節」発売

函館市内の水産加工会社など14社がタッグを組み、自慢の商品を詰め込んだ「函館お節(おせち)」が誕生。一般向け予約販売のほか、函館市の「ふるさと納税」返礼品として申込みを受け付けています。 この企画は、イカ漁の水揚げ量が減少するなかで「イカの街・函館」を全国に向けてアピールし、盛り上げようと、食品の詰め合わせ商品などの企画販売を手がける「エムティーコーポレーション」が取引先に呼びかけて実現しました。 三段重セット(32品)と二段重セット(21品)の2種類があり、共通する一段目は、「イカの重」と名付けられ、いかめし、塩辛、粕漬けなど10品のイカづくしで構成されます。また二段目、三段目には、いくら、数の子、昆布巻などのほか、函館で水揚げ量が急増しているブリを用いた西京漬けも盛り込まれています。各300セット限定。重箱はふたに函館の夜景がデザインされたオリジナルで、遠方への進物などにも最適です。   参画企業: 及能(株)食品部 (株)イチヨ水産 (株)布目 長谷食品(株) (株)かくまん (株)ヤマサ宮原 (株)ヤマノ中村商店 (株)山大 (有)龍栄堂 北農食販(株) (株)米田商店 海鮮処 函館夜市 丸栄堀川紙器(株) (株)エムティーコーポレーション   「函館お節」 三段重セット:18,000円(税別・送料別) 二段重セット:12,000円(税別・送料別) 「函館市ふるさと納税」では、三段重セットが50,000円、二段重セットが30,000円の返礼品として申込受付。   申込み:株式会社エムティーコーポレーション     電話 0138-83-6333(平日9:00~17:00)     FAX 0138-49-6332     メール hakodate@dainibussan.co.jp 申込期限:2019年12月17日(火)      ふるさと納税での申込は12月16日(月)まで 配達日:2019年12月25日(水)~12月27日(金) ※ 全て冷凍で、商品ごとに個別パック包装のうえ、重箱詰めで発送されます。

函館・道南のお菓子文化を紹介
[函館スイーツ推進協議会発行]

KANOKA【菓の香】

夜景、グルメ、街歩きなど、
函館観光の最新の話題をお届け

函館市公式観光情報 はこぶら

食や歴史のイベント情報満載。日付で簡単検索

K

団体旅行企画や、記事・番組作成に役立つリンク集