函館市内のレストランや居酒屋など6店舗が、産学官連携組織「函館がごめ連合」の声がけに賛同し、がごめ昆布を使った特別メニューの提供を開始しました。コロッケ、パスタ、炊き込みご飯、お弁当など、全15種類の多彩なメニューがそろいました。

がごめ昆布は、主に函館沿岸で採取される貴重な海藻で、フコイダンやアルギン酸などの食物繊維を豊富に含んでいます。高価なだし昆布と違って、かつては浜で捨てられていた海藻でしたが、その成分の健康や美容への効果が判明し、今では、高値で取り引きされるようになりました。

今回のキャンペーンは、がごめ昆布を使った料理を飲食店が考案し、店内またはテイクアウトで販売するもの。「おいしい料理を通じて市民の皆さんに元気になっていただきたい。地域資源であるがごめ昆布で函館を盛り上げたい」(函館がごめ連合代表 布村重樹さん)という思いからスタートしました。

実施期間は特に定めず、当面の間続けていく予定とのこと。くわしくは各店へお問合せください。

寿々半(函館市本町34-16 TEL0138-56-5255)の「北大ガゴメ弁当(上)」/税込1500円。真鱈のムニエルがごめソース、ガゴメと鮭のコロッケ、若鶏ガゴメ醤油漬け竜田、ガゴメ胡麻豆腐、ガゴメ炊き込みご飯など、10品の入った豪華な弁当。「並」1000円もある。事前予約制テイクアウト。

がごめ屋(函館市五稜郭町35-3リッチホテル1F TEL070-5284-8913)の「がごめ飯」/税込900円。がごめ昆布を刻んで混ぜたご飯に、がごめ昆布で締めたイカ刺し、たらこ、カニのむき身などがのった丼ごはん。かつおだしをかけると雑炊風になり、がごめの粘りが増してさらにおいしい。事前予約制テイクアウト。このほか、店内では「ワンオーダービュッフェ」/税込1200円で、がごめ昆布の惣菜が食べられる。

函館国際ホテル レストランアゼリア(函館市大手町5-10 TEL0138-23-8755)の「北大ガゴメの海藻炊き込みご飯」/税込(以下すべて同じ)1550円。その他、帆立と王様しいたけの北大ガゴメ入り塩炒めなどが味わえる「薬膳ランチ」2050円と「薬膳弁当」1550円、「北大ガゴメと豚肉の細切ぴり辛炒め」1250円、「がごめ昆布と干し貝柱の健康スープ」750円、「フレッシュ中華サラダがごめ昆布ソース掛け」950円を店内で提供。

Café&Deli MARUSEN (函館市大手町5-10 TEL0138-85-8545)の「春キャベツと帆立、ガゴメ昆布のパスタ」(左)/税別1300円・店内で提供、「北斗市産無漂白長いもとガゴメ昆布のアンチョビソテー」(右)/税別500円・店内またはテイクアウト。予約不要だが、数量に限りがあるので事前予約すると確実。

ビストロやまくろ(函館市梁川町12-13 TEL0138-56-5609)の「ガゴメin厚沢部黒豆とジャガイモのコロッケ バルサミコガゴメソース」(上)/税別500円、「ガゴメと桜鱒と帆立のテリーヌ」(下)/税別1000円。2つのメニューをセットにした「テイクアウトディナー2~3人前」は税別5000円。いずれも事前予約制テイクアウト。

二代目佐平次(函館市五稜郭町4-13 TEL0138-51-3939)の「帆立のがごめ昆布和え 越冬大根と柚子」/税別780円・店内で提供。常時60~70種類の豊富な地酒をそろえる居酒屋なので、お酒とのマリアージュをぜひ楽しんで。

キャンペーンを企画した函館がごめ連合の皆さんと、がごめ昆布のPRキャラクターのガゴメマン。「急な声がけにもかかわらず個性豊かな店が参加してくれました。各店自慢のがごめメニュー、この機会にお試しください。」