飲食店や宿泊観光事業者の皆さんに向けたお知らせです。
訪日外国人客の増加に伴い、信仰などに由来する特有の食習慣の知識を身に付け、サービス対応を考え実践していくことが、函館の観光にとっても急務となっています。こうしたことから、札幌でムスリムやベジタリアン向けの各種サービスを行っている講師を迎えて、「ムスリム・ベジタリアン勉強会」(共催:北海道国際交流センター HIF/やさいばーみるや)が9月27日に開催されます。会費は無料です。
また、同日夜には「情報交換・懇親会」(会費:4500円)も開催。オリエンタルベジタリアン食が提供される予定です。外国人客の受け入れに関心のある事業者のかたは、ぜひご参加ください。

 

日時:2018年9月27日(木)14:30~17:00
場所:北海道国際交流センター(函館市元町14-1) 4階
参加費:無料
講師:北海道ムスリムインバウンド推進協議会 代表 岡田純一氏
   ハーモニーガーデン 代表 横溝真子氏
セミナー内容:
・インバウンドの状況と食習慣について
・食におけるハラールとは、その留意点について
・他地域における取組(ハラール認証に頼らない取り組み)とその成果について
・ベジタリアン、ヴィーガンとは
・ベジタリアン食の種類とその留意点について
・代替え食品の例など
申込み・問合せ:
北海道国際交流センター(HIF) 岡田・齊藤 0138-22-0770

【情報交換・懇親会】
日時:9月27日(木) 18:30~20:30
会費:4500円 
場所:やさいばーみるや(人数が多い場合は変更の場合あり)
申込み・問合せ:やさいばーみるや 後藤るみ子
vivitan@ncv.jp  070-2428-5635  Facebookメッセージ(関連リンク参照)