おいしい函館 Taste Hakodate Cuisine

食材×料理人、
この街で出会う
幸福なスペシャリテ

menu
up

訪ねてみたい市場・商店

前浜で採れる真昆布の商品が一堂に揃う

南かやべ漁業協同組合直販加工センター

****

様々な用途の昆布が揃う専門ショップ

南かやべ漁業協同組合直販加工センターは、JR函館駅から車で約1時間、函館市南茅部地区にあります。この地区は、古くから「白口浜真昆布」と呼ばれる品質の高い真昆布の産地で、漁師の手で乾燥や選別、折りなどがなされた原料昆布が、全国の昆布問屋に出荷されます。このうちの一部は漁協直営で加工され、小分け包装の上、出荷販売されています。2011年3月にオープンした同センターは、出汁用の「熨し(のし)昆布(折昆布)」、「素干し昆布」をはじめ、煮物用の芽昆布、とろろ昆布など、様々な用途ごとに適した昆布製品を一堂に取り揃える、直販の専門店です。

産地らしさをアピールする活動

ショップ内には、昆布の交易の様子を描いた江戸期の絵図や、皇室に献上されていた当時の写真などが掲示され、昆布と共に歩んだ地域の歴史にも触れることができます。また、昆布に関する出前講座の開催や、真昆布の定期頒布を行うオーナー制度なども展開中。産地と消費者をつなぐPR活動にも積極的に取り組んでいます。もちろん、店頭で昆布選びや調理法も気軽に相談できます。

数多くの商品が並ぶ広く明るい店内。じっくりと手に取って昆布選びができます。
身厚で甘みとコクのある上品な出汁がとれる天然物(右)と、家庭での普段使い用にあっさりした甘みの出汁がとれる養殖1年物(左)。
容器のなかに直接昆布を入れ、出汁を効かせた「真昆布だししょうゆ」。つゆ、焼き肉のたれ、ぽん酢なども揃う、売れ筋商品のひとつ。
「焙煎昆布」は短冊状に切った昆布を無添加で焙煎したもの。おつまみとしてのみならず、ご飯を炊く際、一緒に数個入れると真昆布の旨味が広がります。
作業場では、素干し昆布の袋詰め作業中。年間約35トンの原料昆布を仕入れ、順次加工して出荷します。
センター長の坂井英文さん。日本一の真昆布の産地を拠点に、PRのため各地を駆け回ります。
函館市では、「真昆布の産地=函館」のイメージをより高めるため、行政と市内5つの漁協が連携し、「函館真昆布」という統一ブランド名の定着に向け、取り組みを進めています。

所在地:函館市川汲町1546番地12
電話番号:0138-25-5574
営業時間:9:00~17:00
定休日:第2日曜日
アクセス:函館バス 「南茅部支所前」下車 徒歩3分
駐車場:有

函館・道南のお菓子文化を紹介
[函館スイーツ推進協議会発行]

KANOKA【菓の香】

夜景、グルメ、街歩きなど、
函館観光の最新の話題をお届け

函館市公式観光情報 はこぶら

食や歴史のイベント情報満載。日付で簡単検索

K

団体旅行企画や、記事・番組作成に役立つリンク集