おいしい函館 Taste Hakodate Cuisine

食材×料理人、
この街で出会う
幸福なスペシャリテ

menu
up

料理人が作る私の函館料理

ラ・リヴィエール
佐々木 宏次

骨付きラム肉の牧歌風グリエ

****
アウトドア派シェフ特製、夏を感じる羊のグリエ

ラ・リヴィエール シェフの佐々木宏次氏は、夏空の下でのキャンプをイメージしながら、レストランで味わうアウトドア感覚の一皿をつくります。この料理では、有機野菜で育てられた骨付きラム肉を、新ジャガ、玉ねぎ、ニンニク、そしてトマトなど旬野菜とともにジューシーに焼き上げました。骨付きラム肉は、道南・せたな町の大口義盛さんの羊。有機野菜を食べさせて育てたラム肉には臭みがほとんどなく、やさしい味わいが感じられます。

提供時期:8月(入荷状況による) コース料理で
2017年10月取材、2018年11月更新

南仏・プロヴァンス風のフランス料理

佐々木 宏次(ささき ひろつぐ)

ラ・リヴィエール
佐々木 宏次

フランス料理
佐々木 宏次
佐々木シェフは無類のアウトドア好き。店名のリヴィエールは、大好きな川釣りに由来します。休みの日はいつも野山や川に出かけ、山菜やきのこ採り、川釣りで旬の食材を調達。住宅街の一軒家レストランで、南仏のプロヴァンス風料理を提供します。料理人集団「クラブガストロノミーバリアドス」では中心メンバーとして活動し、函館における様々な食イベントを陰で支える立役者です。また佐賀県が2016(平成28)年に行った有田焼創業400年事業の取り組みにおいて、函館の料理人を代表してオリジナルの磁器製作に協力し、世界料理学会 in HAKODATEで発表するなど、表舞台でも活躍しています。

佐々木 宏次のもう一皿「大沼産サフォークと地場野菜のトマト煮」

初秋になると、乳飲み期を過ぎて牧草を食み始めた仔羊が出荷されます。この頃のラム肉は羊らしさを漂わせつつも、臭みが少なくさっぱりと食べられます。大沼で育てられるサフォーク種「しげたの羊」を、ズッキーニ、パプリカ、タマネギ、ブロッコリーなどとともにトマトで煮込んだ、南仏・プロヴァンス風の一皿です。

提供時期:8月(入荷状況による) コース料理およびアラカルトで
2017年10月取材、2018年11月更新

ラ・リヴィエール
ラ・リヴィエール
所在地
函館市鍛治2丁目39-12
電話番号
0138-55-1130
営業時間
11:30~14:30(LO14:00)、18:00~21:30(LO21:00)。日曜・祝日の夜は17:00~21:00(LO20:30)
定休日
月曜日(祝日の場合は翌火曜日)
公式HP
詳細
函館市公式観光情報サイトへ

函館・道南のお菓子文化を紹介
[函館スイーツ推進協議会発行]

KANOKA【菓の香】

夜景、グルメ、街歩きなど、
函館観光の最新の話題をお届け

函館市公式観光情報 はこぶら

食や歴史のイベント情報満載。日付で簡単検索

K

団体旅行企画や、記事・番組作成に役立つリンク集