おいしい函館 Taste Hakodate Cuisine

食材×料理人、
この街で出会う
幸福なスペシャリテ

menu
up

料理人が作る私の函館料理

レストラン箕輪
箕輪 圭祐

ヴィシソワーズソースのそばスタ

****
希少品種のそばをフレンチの技法で

レストラン箕輪のシェフ、箕輪圭祐さんの一皿は、北斗市産の「牡丹そば」をじゃがいもの冷たいスープ「ヴィシソワーズ」で冷製パスタ風に仕立てた「ヴィシソワーズソースのそばスタ」。厚沢部町産のメークインを使ったヴィシソワーズの海に、かつお節の粉末とハーブソルト、米油をまとわせて味を付けたそばを島のように盛りつけました。さらに、厚沢部町のアスパラ専門農家「ジェットファーム」のアスパラとイクラをトッピング。そばを取り囲むように浮かべた、七飯町産の紫キャベツとほうれん草のピューレが彩りを添えます。
「牡丹そば」は、甘みや風味が優れているものの、作付面積あたりの収量が少ない希少品種。箕輪さんは、自家栽培した「牡丹そば」のみを使う北斗市のそば店「手打ちそば工房はぎ乃」の味にほれ込んで同店から特別にそばを分けてもらい、和の素材を取り入れた創作フレンチとして提供しています。

提供時期:8~10月頃(1週間前までに要予約)
取材時期:2021年7月

北海道の食材と和の要素を活かしたフランス料理

箕輪 圭祐(みのわ けいすけ)

レストラン箕輪

フランス料理
箕輪 圭祐
「牛フィレ肉のローストビーフ」の名店として知られ、多くの著名人が来店するフランス料理店「レストラン箕輪」の2代目。父の背中を見て料理人を志し、日本を代表するフレンチの料理人・三國清三さんがプロデュースする札幌のフランス料理店で修業を積みました。同店で副料理長を務めた後に「レストラン箕輪」に戻り、父をサポートしながら自分ならではの味の探求に努めています。「日本人だからこそ、和のものを使いたい」との信念を持ち、食材や調味料・調理法に和の要素を取り入れつつ、フランス料理の技法で仕上げた料理を次々に考案。年に2回のペースで出店している東京都内の百貨店催事でもその腕を振るい、好評を博しています。「函館の料理人や生産者と手を携えていきたい」と、食に関するプロの同業異種の会「クラブガストロノミーバリアドス」にも参加。料理のジャンルの垣根を超えたコラボレーションに積極的に取り組んでいます。

箕輪 圭祐のもう一皿「道南の魚介を使った和風ブイヤベース」

「函館の魚介類のおいしさがそのままストレートに味わえる」と話す自信作。ホッキ貝、ホタテ、クロゾイ、ボタンエビなどその時期に獲れた魚介類をじっくり時間をかけて煮込んだ、黄金色に輝くブイヤベースです。魚介類のコクや旨みを引き出してふっくらさせる効果がある塩こうじを使い、白髪ねぎをトッピングして和風仕立てに。港町・函館の海の恵みを凝縮した一皿です。

提供時期:10~12月頃(要予約)
取材時期:2021年7月

ヴィシソワーズソースのそばスタ
新型コロナウイルスの影響で
休業・営業時間変更の場合があります

レストラン箕輪

所在地
函館市杉並町4-30
電話番号
0138-51-2051
営業時間
11:30~LO13:00、17:30~LO20:00(ディナーは要予約)
定休日
月曜 ※毎年3月~4月と9月~10月、物産展出店のため各2週間程度休業
アクセス
「杉並町」電停 徒歩5分

食材カタログ「南北海道食彩王国」
[ 渡島総合振興局 ]

南北海道食彩王国

創意工夫を凝らした和洋菓子「函館スイーツ」

函館スイーツ

函館・道南のお菓子文化を紹介
[函館スイーツ推進協議会発行]

KANOKA【菓の香】

海鮮王国「函館」の魚販店情報
[函館市水産物地方卸売市場発行]

海鮮王国「函館」の魚販店情報

夜景、グルメ、街歩きなど、
函館観光の最新の話題をお届け

函館市公式観光情報 はこぶら

食や歴史のイベント情報満載。日付で簡単検索

K

団体旅行企画や、記事・番組作成に役立つリンク集

公共交通機関の便利なルート検索。乗り放題チケットの購入も