おいしい函館 Taste Hakodate Cuisine

食材×料理人、
この街で出会う
幸福なスペシャリテ

menu
up

料理人が作る私の函館料理

ロワゾー パー マツナガ
松永 和之

松前産 本マグロのパートブリック包み 青紫蘇・バジルの香り 赤紫蘇のビネグレットと共に

****
優雅なひとときを演出する、絵画のような美しい盛りつけ

ロワゾー パー マツナガのシェフ松永和之氏の一皿は、松前産本マグロの料理。色あい豊かに盛り付けられたハーブで、田園風景を描いた絵画のようです。食べ進めると、主役の本マグロがパートブリック(小麦粉で作られるクレープ状の皮)の中から顔を出します。本マグロの赤身の味わいと爽やかな紫蘇のソースが、口のなかでまろやかに溶け合います。

提供時期:9月(入荷状況による) コース料理で
2017年10月取材、2018年11月更新

本場の星付き店で研鑽を積んだ本格派フランス料理

松永 和之(まつなが かずゆき)

L'oiseau par Matsunaga
ロワゾー パー マツナガ

フランス料理
松永 和之
松永和之シェフは山口県の出身。フランスで6年間、三つ星店や二つ星店で経験を積み、妻の故郷である函館に移り住みました。「函館近郊で手に入る食材の豊かさには日々驚かされます」と松永シェフ。地元素材を活かした料理は、どの皿も目を見張るほどの美しい盛り付けで登場します。店は「ミシュランガイド北海道2017特別版」に1つ星(そのカテゴリーで特においしい料理)として掲載。首都圏で20
17(平成29)年開催の「フランス レストランウィーク」のイベントでは、北海道代表として調理を担当し、函館および近郊の食材を大いにアピールしました。その他各種イベントなどでも腕を振るっています。

松永 和之のもう一皿「函館近海産ヒラメ ナスタチューム、フェンネルとエストラゴンの香り」

函館の近海はヒラメの漁が盛んで、大きなものが活魚で手に入り、松永シェフお気に入りの食材。肉厚な白身を用いてソテーし、ハーブをこんもりと盛り付け、花飾りのような一皿に。ソースは、白ワインをベースに香草エストラゴンで酸味をきかせ、ヒラメの旨みを引き立てます。

提供時期:9月(入荷状況による) コース料理で
2017年10月取材、2018年11月更新

L'oiseau par Matsunaga(ロワゾー)
L'oiseau par Matsunaga(ロワゾー)
所在地
函館市柏木町4-5
Googleマップで見る
電話番号
0138-84-1858
営業時間
12:00~15:00(LO13:30)、18:00~23:00(LO20:30)
定休日
(ランチ)火~金曜日 (ディナー)月・火曜日
公式HP
L'oiseau par Matsunaga
詳細
函館市公式観光情報サイトへ

函館・道南のお菓子文化を紹介
[函館スイーツ推進協議会発行]

KANOKA【菓の香】

夜景、グルメ、街歩きなど、
函館観光の最新の話題をお届け

函館市公式観光情報 はこぶら

食や歴史のイベント情報満載。日付で簡単検索

K

団体旅行企画や、記事・番組作成に役立つリンク集