おいしい函館 Taste Hakodate Cuisine

食材×料理人、
この街で出会う
幸福なスペシャリテ

menu
up

函館「食」ニュース

イカに親しみ、おいしく食べる子ども勉強会「イカコン」レポート

2018/8/27
イカに親しみ、おいしく食べる子ども勉強会「イカコン」レポート

子どもたちが函館市の魚「イカ」について学び、若手シェフがつくるおいしいイカ料理に触れる催し「イカコン」が、2018年8月7日、函館のコープさっぽろ いしかわ文化教室で開催され、小学生約20名が参加しました。コープさっぽろが主催し、「食の産業化」を推進する函館市が共催して行う初めての試みです。   子どもたちはまず、クイズ形式でイカの生態について学習。続いて、仲買人、スーパーのスタッフ、函館市農林水産部の職員などからイカの流通の仕組みのレクチャーがあり、イカ加工品を使った模擬セリを体験しました。次に、会場隣にあるスーパーでイカを買ってきて、さばくことに挑戦しました。講師からやり方を教わった後は、各々が包丁を握って緊張の面持ちでイカと向き合い、付き添いのお母さんたちがハラハラドキドキの様子で見守りました。   この後が「イカコン」のタイトルにもなっているイカ料理コンテストの時間。若手料理人たちが作る料理を、見栄えや工夫、おいしさなどの観点から子どもたちが審査する企画です。今回料理を作ったのは3名。いずれも函館市内や近郊で活躍中の20歳代の料理人です。まず、料理を考案したポイントなどを子どもたちにプレゼンしたあと、調理の一部を披露し、試食となります。どれもプロの技が生きるおいしい料理ばかり。子どもたちはお腹いっぱいになるほど頬張りながら、一所懸命採点をしていました。優勝したのはイタリアンの料理人、八木橋一洲さん(木古内町・どうなんde's Ocuda Spirits)。料理は「アッシェ・パルマンティエ」という、じゃがいものピューレを熱々のチーズグラタン風に食べるフランスの家庭料理。肉の替わりにイカを使って、函館流に仕上げたとのこと。やはり子どもたちには洋食が人気のようでした。   参加した小学生、国枝実智子さん(柏野小2年)は「イカをさばくのが楽しかった。おいしいグラタンが食べられて大満足」と感想を語ってくれました。   イカの生態や、流通の仕組みに関するレクチャー。子どもたちは熱心にメモを取りながら聞き入っていました。   セリの模擬体験。「下げ競り」という函館特有のセリの方法を学び、威勢のいい声を張り上げて、商品を競り落とします。   子どもたちには、この日だけ特別に使える100円分のイカ紙幣をプレゼント。   売り場では、店員さんから活きのいいイカの見分け方を教えてもらい、手づかみでイカをゲット。   イカを選んだら、先ほどのイカ紙幣で買い物。   イカの部位をじっくり確認しながら、さばいていきます。   プロの料理人に見守られながら、イカをさばく子どもたちの姿は真剣そのもの。   稲垣竜輔さん(函館/炭火割烹・菊川)の調理実演。おいしい料理への期待が高まる見事な包丁さばき。   「料理がうまくなりたいな」、視線の奥からそんな気持ちが伝わってきます。   三田佑弥さん(函館/炭火割烹・菊川)の調理実演。和食料理人の細かい手仕事に目を丸くする子どもたち。   八木橋一洲さん(木古内/どうなん de's Ocuda Spirits)の調理実演。バーナーで焼き目を付けていく作業に子どもたちは興味津々.   お楽しみの試食・審査タイム。おいしい料理に、子どもたちの笑みがこぼれます。   今回の優勝料理、八木橋一洲さんの「アッシェ・パルマンティエ」。イカを使った熱々ほくほくのグラタン風料理を、子どもたちは大絶賛。   稲垣竜輔さんの「イカスミのシチュー」。いかと昆布の出汁を使ったご飯といかの「年輪巻」が添えられた、イカ尽くしの和風シチューです。   三田佑弥さんの「イカをつかったお吸い物」。イカのミンチのパン包み焼きが入り、柔らかでジューシーな食感が楽しめる上品な和食料理です。   結果発表が終わり、料理人の皆さんは緊張がとけた様子。子どもたちからは、「料理人になりたい」との感想も寄せられました。

「食の街・函館の魅力」に新規掲載

2018/8/24
「食の街・函館の魅力」に新規掲載

当サイトの「食の街・函館の魅力」コーナーに新記事を追加しました。ぜひご覧ください。   ■ 新ご当地グルメ・食の新商品開発

30回目のバル街、81店が参加。記念セレモニーも

2018/8/17
30回目のバル街、81店が参加。記念セレモニーも

2018年9月2日(日)、30回目となる函館西部地区バル街が開催されます。函館の旧市街地(西部地区)で、5枚綴りのバル街チケットと付属マップを手に飲食店を巡り、飲み食べ歩きを楽しむイベント。一夜の楽しみを求めて、毎回4000人を超える市民や観光客が街へと繰り出します。   今回は過去最高の81店が参加。道南各地や青森県などからの特別出店もあります。イベント開始時間はいつもより2時間繰り上げで、22店が昼の12時に開店。16時30分からは、金森ホールにおいて、フラメンコの演舞などを楽しめる30回記念セレモニーが開催されます。   参加各店ほかで前売りチケットを発売中。イベント当日にチケットの引き取りが出来る、インターネット予約販売も好評です。ネット予約は数量限定、早めの申し込みを。   ■第30回函館西部地区バル街   日時:2018年9月2日(日)12:00〜24:00 (営業時間は参加店ごとに異なります。) 会場:函館西部地区一帯(参加店81店) 料金:前売チケット(1冊5枚綴り)3,500円    当日チケット(同上)4,000円 主催:函館西部地区バル街実行委員会 問い合わせ:レストランバスク Tel.0138-56-1570  

当選者発表&みんなのおすすめ「おいしい函館」情報

2018/8/16
当選者発表&みんなのおすすめ「おいしい函館」情報

2018年8月1日~15日に行った「おいしい函館」facebookキャンペーンへご応募くださった皆様、ありがとうございました。 厳正なる抽選の結果、下記の方々が当選されました。おめでとうございます! 【当選者】 八木 真紀 様 石川 由佳 様 吉川 百可 様 ※事務局から当選された方々に「応募コメントへの返信」でご連絡しています。FBメッセージでの返信をお願いいたします。   みんなのおすすめ「おいしい函館」情報 今回、ご応募いただいた皆様から寄せられた、おすすめの「おいしい函館」情報を一挙ご紹介します! ◆私の「おいしい函館」は、ハセストのやきとり弁当です!塩も好きですけど、弁当で食べるなら、タレがおすすめ。 ◆唐草館さんがオススメです!夏のコースの冷たいゴボウのスープに桃が入ったのは、驚きとその美味しさに顔がほころびます! ◆混んでいるけど、居酒屋 二代目 佐平次は美味しい ◆函館駅前のさふらんがオススメです。名前が独特のメニューや個性豊かなマスターが名物。パフェの種類が多いですよ。 ◆松陰町のグリーンリーフ。日替り弁当、カレー、ハヤシライスが美味しいです。デザートのシフォンとパフェも美味しくておすすめです! ◆楽膳 美和邸!素敵な一軒家レストラン。パスタ絶品です! ◆富士冷菓のアイス。色んな味があってこの暑い夏はかなり嬉しい! ◆美味しい!大門横丁は、いいですね。 ◆中道にあるfooding cafe 「es」っていうお店のステーキオムライスは絶品です(^o^) ◆私のオススメは宝来町にある「こがね」のたこ焼きです。30年以上あそこで商売されてるのかな?素朴な味の中に深みがあり歴史を感じる味で大好きです。 ◆「熊猫社中洋食キッチンSato」さんがおすすめです!なにを食べてもお料理が丁寧に作られていますし、肩肘張らないで寛いで食事ができます。お米も毎日精米したものを炊いてくれて、パフェもオーダーしてから生クリームを泡立ててくれるという上質を知る大人のお店です。書いてたら行きたくなってきちゃったなー。 ◆湯の川 maido の担々麺!とってもクリーミーなのにしびれ感がたまりません!! ◆宝来町の天満つ。揚げたてアツアツの海老天がのった天ぷらそばがおススメです! ◆海産物 お肉 スィーツに果物 お野菜!函館は美味しい食べ物 お店が沢山あって楽しいですよね。去年は行けなかったので今年は行きたいな。 美味しい料理とお酒と音楽を楽しみたいですね。 ◆ロワゾーがおすすめです。ランチもディナーも、本当に本当に美味しいです。食材は、季節によって異なります。旬のものをいただけます。お店の雰囲気もとってもすてきで、極上のおもてなしとともに、最高のお食事&お酒がいただけます!! ◆湯の川温泉電停前にある『あん太郎食堂』のエゾ鹿料理。エゾ鹿を知り尽くした店主が作る料理は、臭みも無くとても美味しく食べられます♪ ◆Dining Bar Utaya おススメです!ランチもやってます^_^マスターのキャラも最高ですよー! ◆バルはいつも参加してます!センティール・ラ・セゾンさんは生演奏もあって楽しかったなぁ♪ ◆私の「おいしい函館」は函館市末広町にあるラコンチャさんです。バルの時必ず行くお店です(*´-`)パエジャがとってもおいしくておすすめですー♡生ハムもカナッペもー!♡ ◆大門の「魚さんこ」美味しいし、1人でふらっと立ち寄れる雰囲気もいいです。シメのお吸い物サービスが嬉しい! ◆宮前町のふさやがおすすめ♪とんとん焼きといもっこアイス美味しいですO(≧∇≦)O ◆「くりや」さんのお惣菜! ◆CAFE谷地坂の谷地坂ランチは、体が元気になるヘルシーランチ。店からの眺望と、店の猫・ちー子ちゃんにも癒されます。路面電車で谷地頭まで行って、散歩しながら寄ってみてはいかが。 ◆etadokak(エタドカ)オススメです!五稜郭方面にあるイタリアン居酒屋ですが居酒屋とは思えないぐらいとってもオシャレでどのメニューを食べても美味しいです。デートや女子会に是非! ◆私の『美味しい函館』は 梁川町の 『居酒屋 気腹志』さんです!特に 活物のお刺身 手頃な値段で 飛びきりの物が 食べられます♪知り合いに紹介しても 皆さん 常連さんになってます(笑) ◆バル文化を広めた「バスク」のおいしいスペイン料理!全国どこへ行っても、バルで食べ飲み歩きの文化は函館からスタートしたんだよと自慢できます。 ◆五稜郭公園そばのHAKOYA さん。こちらは最高のワンコインランチ、日替わり海鮮丼です。コスパは函館一だと思います。 ◆蕎麦ですが…昭和の蕎麦の館がびのが好きです。 ◆我が家のイチオシは、グリル塩豚さん。もう20年以上通ってるかと…子供達も母もお気に入りのお店で、美味しいのに良心的すぎるほどの料金でお財布にも優しい。値上がりはしても299円の塩ラーメンが特にお薦めです。 ◆亀田本町にあるよし庵という小料理屋のお料理は絶品ですよ!どのお料理も一つ一つ丁寧に作っているのがわかりますo(^o^)o ◆シスコライスとステピとラッピの焼きカレーが(^_^) ◆私のオススメは大門の「遊魚舟」さんです。お通し代1人500円で、盛り盛りで美味しい刺し盛りが頂けます~。大門であちこちハシゴ酒しますが、魚介系といえばまずはココですっ! ◆Ratnaの社長の春巻き!大好きです。トマトとチーズが…!あと薄生地のピザも。ワインのお供に! ◆函館・道南においしい食材は山ほどありますが、他に例を見ないという意味でお勧めしたいのは、ツチヤのしらたきです。一般的なしらたきとは全く違う、しこしこした食感と気持ちの良い歯ごたえは、主役になるおいしさです。すき焼きのあさりでも使われているほか、関西方面にも出荷されています。

懐かしの「サイコロキャラメル」工場見学レポート

2018/8/8
懐かしの「サイコロキャラメル」工場見学レポート

懐かしの「サイコロキャラメル」や、全国で売られる有名なチョコレートが、函館で作られているのをご存じですか。プロ野球公式戦も行われるオーシャンスタジアム隣りに、近代的な菓子工場を持つ道南食品株式会社があります。同社の前身は、1919(大正8)年設立の函館菓子製造株式会社。2019年には創業100周年を迎えます。1936(昭和11)年には現在地に移転し、明治製菓函館工場に。1980(昭和55)年に明治製菓100%出資関連会社の道南食品株式会社となり、当時は明治のキャラメルやチョコレート、カールなどを製造。現在は、明治のチョコレート製品に加えて、自社ブランド商品として各種キャラメル類などを製造しています。なかでも長年にわたって手がけてきた「サイコロキャラメル」は、今も人気の商品です。   ■ 年間4000人も訪問!大好評の工場見学 道南食品では、工場の改築を契機に見学施設を増設し、2011(平成23)年から工場見学(事前申込制)を受け入れていて、年間4000人もの見学者が訪れるそうです。友達や家族などでも10名以上なら対応可能。祝日の工場稼働日には個人での見学もできます。また、毎年秋に開催される「はこだてカルチャーナイト」でも、施設見学のプログラムがあります(事前申込制)。開催日程は電話またはFacebookページで確認を。工場見学に関する案内はこちらから。   ■ 楽しい仕掛けがある見学コースをレポート 先日、当サイトの編集部が、中学生の工場見学に同行しました。フォトレポートをお届けします。   この日の見学者は、八雲町立落部中学校の2年生21名。函館市近郊での研修旅行の一環で工場を訪れました。   函館市の中心部にある近代的な工場。上空から見ると、工場の屋根にサイコロキャラメルがデザインされているそうです。   見学所要時間は約30分。最初に10分ほど、キャラメルやチョコレートの作り方について、ビデオを見ながら説明を聞きました。   3階まで上り、いよいよ見学デッキへ。   見学デッキは人気商品「サイコロキャラメル」をモチーフにした内装。壁面にはサイコロの目がデザインされています。   キャラメルの製造やチョコレートの梱包の様子などを、ガラス越しに見学することができます。製造ラインは衛生管理が徹底され、見学者が立ち入ることはできません。   見学デッキにはおもしろい仕掛けが。ボタンを押すと、ガラスの向こうの工場からサイコロキャラメルがあっという間に届けられます。その仕掛けは工場見学でのお楽しみに。   製造されている商品を多数展示。地域限定で、めったにお目にかかれない商品もありました。   「きのこの山」の地域限定商品は、函館で製造されています。   ロングセラー商品の明治ストロベリーチョコレートも、道南食品で製造されています。   長年親しまれた明治サイコロキャラメルは、2016(平成28)年に生産終了。同年、改めて自社ブランド商品「北海道サイコロキャラメル」として発売。懐かしのパッケージや味が人気を呼び、北海道土産としても人気商品になっています。   2018年は、北海道命名から150年の節目の年。これを記念した「北海道150年」事業の関連商品、北海道の市町村名を記した「北海道179市町村サイコロキャラメル」も絶賛販売中。

飲食店開業の基本が学べる勉強会、参加者募集

飲食店開業の基本が学べる勉強会、参加者募集

飲食店の開業を検討中の方、開業して間もない方は必見。2018年8月23日(木)、無料で受講できる経営基本講座が開催されます。メイン講師は、日本フードアドバイザー協会創始者(フードビジネスコンサルタント)の宇井義行氏。指導実績が豊富なベテランコンサルタントの講演や、市内飲食店創業者を交えたトークセッションを聴講できるチャンスです。また飲食店創業にかかる支援事業の説明を聞くこともできます。定員は30名(先着順)、インターネット上で申込受付中です。   ■“飲食店開業”勉強会 in 函館   日時:2018年8月23日(木)13:00~16:00 会場:Gスクエア(シエスタハコダテ4F) 参加料:無料 主催:株式会社日本政策金融公庫国民生活事業・函館市 申し込み:本講座申し込みページにアクセスし、必要事項を入力して送信 問い合わせ先:日本政策金融公庫函館支店 国民生活事業 TEL0138-23-8291  

Facebookにあなたの「おいしい函館」を投稿しよう!(8/15締切)

2018/8/1
Facebookにあなたの「おいしい函館」を投稿しよう!(8/15締切)

Webサイト「おいしい函館」は、この度、函館の「おいしい」をもっと広めるためにFacebookキャンペーンを実施します。 ◆◆◆ 応募要項 ◆◆◆ 「おいしい函館」Facebookページをフォロー + Facebookの本キャンペーン告知記事(下記)コメント欄に、あなたのおすすめの「おいしい函館」情報(料理、店、食材などの情報)をひとつ書いてください。 ※応募はお一人様1回限りです。 →「おいしい函館」公式Facebookページの本キャンペーン告知記事はこちら 【プレゼント内容】 応募者の中から抽選で3名の方に、2018年9月2日(日)に開催される函館西部地区バル街のチケット(3500円)をプレゼントします! ※交通費など、バル街参加のためにかかる費用は自己負担となります。 【資格】 ◇Facebookアカウントがある方 【期間】 2018年8月1日(水)から8月15日(水)まで 【当選結果の発表】 2018年8月16日(木) 当選者は、Webサイト「おいしい函館」およびFacebookで発表します。 当選者へのご連絡は、応募コメントへの返信で行います。 折り返し、当選者はFacebookメッセージで、お名前・住所・電話番号をお知らせください。 ※当選者からの上記メッセージが2018年8月20日(月)17時までに届かない場合は、当選資格を失います。 ※主催者からの連絡を把握するために、お使いの端末のFacebookの通知設定(プッシュ通知)をオンにしてください。 ※当選者の個人情報は、連絡・発送の目的にのみ使用します。 【その他】 ・本キャンペーン主催者は、「おいしい函館Facebookキャンペーン事務局」(㈱シンプルウェイ内)です。 ・本キャンペーンはFacebookの後援、支持、または運営するものではなく、Facebookとは関係がありません。 ・本キャンペーンへの応募状況や、抽選に関するお問い合わせには一切応じられません。 ・公序良俗に反するコメントや、主催者が不適切と判断するコメントが記入された場合、主催者はコメントを削除することができるものとします。その場合、応募は取り消されます。 【本キャンペーンに関する問い合わせ先】 おいしい函館Facebookキャンペーン事務局(株式会社シンプルウェイ内) 問い合わせ(Email) info@omoide.tv 問い合わせ受付期間:2018年8月1日~2018年8月31日の平日10:00~17:00 ※メール本文にFacebookアカウント名と氏名をご記載の上、問い合わせ下さい。 ※時間外の問い合わせに関しては、翌営業日以降での対応となります。 ※回答までに日数がかかる場合がございますが、予めご了承ください。 ※メール指定受信をされている方は、info@omoide.tvからのメールが受信できるように設定変更をお願いします。

函館・道南のお菓子文化を紹介
[函館スイーツ推進協議会発行]

KANOKA【菓の香】

夜景、グルメ、街歩きなど、
函館観光の最新の話題をお届け

函館市公式観光情報 はこぶら

食や歴史のイベント情報満載。日付で簡単検索

K

団体旅行企画や、記事・番組作成に役立つリンク集