函館市は、飲食店等が国の提唱する「新しい生活様式」に沿った店舗の改修や備品購入に対して補助金を支給します。
※一部報道にて「消毒液の購入費用の補助」と掲載されましたが、誤報です(消耗品費は対象外です)。

【対象経費】
(1)改修
次の改修および備品購入に要する経費(消費税および地方消費税をのぞく)
①3密の解消
(例)改修を伴う来店客同士の間隔を広げるための机や椅子のレイアウト変更、換気扇の設置
② 飛沫感染の防止
(例)窓口や客席の間の壁やビニールシート、アクリル板等の設置
③ 接触感染の防止
(例)非接触型自動水栓の設置、自動ドアの設置、自動照明の設置
自動トイレの設置(自動開閉かつ自動洗浄)
新型コロナウイルスの除去や抑制等の機能がある壁紙や床材の設置
※工事に係る印紙代や振込手数料などは対象外

(2)備品購入
① 3密の解消
(例)新型コロナウイルスの除去や抑制等の機能があるオゾン発生器等
② 飛沫感染の防止
(例)窓口や客席の間のパーテーション、アクリル板等の購入
③ 接触感染の防止
(例)自動手指消毒器
④ 感染の疑いがある方の来店等の防止
(例)体温検知カメラ、体温測定システム
※ソーシャルディスタンシング等の床サインや掲示物、消毒液、マスク、空気清浄機交換用フィルター等の消耗品や汎用性の高いパソコン、タブレット端末、HP 制作、その他キャッシュレス端末、備品リース等は対象外

【対象期間】
2020年4月17日~10月31日の間に発注したもの

【給付額】
対象経費(税抜)に2/3(補助率)を乗じて得た金額(1,000円未満切捨)
1事業者あたり下限5万円~上限100万円を給付
※1事業者が複数の店舗を営む場合も、上限は100万円

【申請時期・申請方法】
詳細が決まり次第、函館市公式サイトで公表します。
※8月上旬頃の予定です

函館市公式サイト(新しい生活様式対応店舗等改修補助金について)
新しい生活様式対応店舗等改修補助金について
https://www.city.hakodate.hokkaido.jp/docs/2020070600014/