おいしい函館 Taste Hakodate Cuisine

食材×料理人、
この街で出会う
幸福なスペシャリテ

menu
up

訪ねてみたい市場・商店

漁港で仕入れる魚が並ぶ、プロも通う店

坂井鮮魚店(ヤマサ坂井商店)

****

水槽で泳ぐ漁港仕入れの活魚

坂井鮮魚店は、旧南茅部町(現在の函館市南茅部地区)で創業して約50年、現在は新興住宅街の石川町に店を構える鮮魚小売店です。店頭には鮮魚はもとより、数多くのアクリル水槽のなかでアイナメ、ヒラメ、トラフグなどの活魚が悠然と泳ぐ姿もみられます。店主の坂井雄二さんは父親の仕事を継いだ2代目。「当店の強みは、取り扱いの約6割が南茅部地区の漁港からの直接仕入れ。水揚げから販売まで、魚の状態を店の責任でしっかり管理できること」と語ります。こうした新鮮な魚介類を求めて、プロの料理人たちがひっきりなしに訪れます。様々な刺身のお造りや鮮魚を使った惣菜類も充実しており、一般客からプロの料理人まで幅広ニーズに対応した店です。

神経〆で鮮魚を全国へ、そして世界へ

父・雄二さんの背中を追う3代目の坂井貴博さんは、鮮度保持のための神経〆(じめ)にも熱心に取り組み、全国のレストランなどへの発送に力を注いでいます。「〆るべき魚をしっかり選別するのは大切なこと。神経〆で鮮度を数日伸ばせることは、海外へも販路を広げる大きなチャンス」と貴博さん。青森での神経〆師会にも参加し、全国各地の仲間との意見交換などを通して、さらなる技術向上を目指しています。

水槽や発砲スチロールの箱には様々な活魚が。青つぶや白貝など、生きた貝も並びます。
お客さんのニーズに合わせて、切り身や刺身などの処理はもちろん、魚の鮮度に合った料理や保存のアドバイスも。
ヒラメの神経〆をする貴博さん。頭部に開けた穴から脊髄にワイヤーを手早く貫通させます。「神経〆すべき魚の選別が非常に重要」と貴博さん。遠方へ出荷する場合には、到着時に最良の品質を引き出せるよう、特に厳選します。
坂井鮮魚店(ヤマサ坂井商店)
坂井鮮魚店(ヤマサ坂井商店)
所在地
函館市石川町350-22
Googleマップで見る
電話番号
0138-47-3009
営業時間
10:00~18:30
休業日
水曜日
駐車場
有り

函館・道南のお菓子文化を紹介
[函館スイーツ推進協議会発行]

KANOKA【菓の香】

夜景、グルメ、街歩きなど、
函館観光の最新の話題をお届け

函館市公式観光情報 はこぶら

食や歴史のイベント情報満載。日付で簡単検索

K

団体旅行企画や、記事・番組作成に役立つリンク集