おいしい函館 Taste Hakodate Cuisine

食材×料理人、
この街で出会う
幸福なスペシャリテ

menu
up

訪ねてみたい市場・商店

「れんばい」の名で親しまれる昔ながらの商店街

中島廉売

****

函館の三大市場のひとつ、手軽な価格が人気

中島廉売は、JR函館駅前と五稜郭公園の中間地点、市街地のちょうど真ん中あたりに位置する商店街です。古くから賑わいのある場所で、函館朝市、はこだて自由市場と並んで函館の三大市場のひとつとされています。鮮魚や青果などを扱う食料品店を中心に約50店が軒を連ねます。函館市民に「れんばい」の名で親しまれ、その名のとおりスーパーにも負けないほど価格が安いことで知られています。

昔ながらの風情が色濃く残る

中島廉売は、1934(昭和9)年に起こった函館大火の後、被害がなかったこの場所に露店が立ち並んだことが始まりとされます。現在はほとんどが常設の店舗に変わりましたが、今も組み立て式の露店が数店、営業を続けています。また、古い建物が多く、軒を寄せ合う店々には昔ながらのどこか懐かしい風情が感じられます。最近では、口コミなどで観光客にも知られるようになりました。

組み立て式の露店スタイルでの営業も中島廉売ならでは。毎朝、手際よく店構えが整えられます。露店のひとつ、相本塩干物店では、商品を並べる間にも常連が続々と訪れ、親しげな会話が弾みます。
中島廉売大通には、廉売が誕生した頃からの老舗が軒を連ねます。その一店が川﨑青果店。店主の川﨑正博さんは3代目、店に立って40年のキャリアです。妻の保江さんは「野菜ソムリエプロ」の有資格者で、友人たちと共に「野菜ソムリエコミュニティ函館」を設立して活動し、地元の野菜や果物の魅力を積極的にアピールしています。
仲通りは、様々な業種の店が軒を寄せ合い、賑わいがあふれるエリア。漬け物の専門店・中村商店では、地場の旬野菜を使って作る漬け物を直売しています。「飲食店で食べておいしかったので」と、わざわざ立ち寄る観光客も。
買い物途中に立ち寄れる、軽食を提供する店もあります。近年、観光客も訪れる「シゲちゃんすし」は、立ち食いの握り鮨が名物。テンポ良く握る主人の姿とそのリーズナブルな価格で、市民のファンも多い人気店です。
中島廉売
中島廉売
所在地
函館市中島町25-15(中島町商店街振興組合)
Googleマップで見る
電話番号
0138-51-0026
営業時間
9:00~18:00頃(店舗により異なる。露店は12:00~17:00頃)
休業日
日曜日
アクセス
市電 「堀川町」電停 徒歩3分
駐車場
有 (12:00~18:00駐車可 約20台)

函館・道南のお菓子文化を紹介
[函館スイーツ推進協議会発行]

KANOKA【菓の香】

夜景、グルメ、街歩きなど、
函館観光の最新の話題をお届け

函館市公式観光情報 はこぶら

食や歴史のイベント情報満載。日付で簡単検索

K

団体旅行企画や、記事・番組作成に役立つリンク集