おいしい函館 Taste Hakodate Cuisine

食材×料理人、
この街で出会う
幸福なスペシャリテ

menu
up

訪ねてみたい市場・商店

自社製造のかつお節と厳選した出汁素材が揃う

山丁 長谷川商店

****

道南の水産加工品を全国各地に紹介

山丁長谷川商店は、1952(昭和27)年創業の海産物卸売問屋。全国各地で開催される北海道物産展などに積極的に出店し、道南をはじめとする北海道のさまざまな海産物を販売しています。
創業者は北海道岩内町のニシンの仲買人の家に生まれましたが、不漁が続くニシン漁に見切りを付けて函館に移り、海産物卸の「長谷川孝四郎商店」を開業。当時は、かつお節、煮干し、昆布、干しシイタケなど「出汁」の原料となる食材を中心に扱っていました。その後1965(昭和40)年に法人化し、山丁長谷川商店となります。
1980年代には百貨店から催事への出店を依頼されるようになり、取扱品目を大幅に拡大。もともと扱っていた出汁の原料に加え、魚の干物、魚卵、生珍味など、幅広い海産物の販売を始めます。子会社の「山丁商店」で加工・製造した漬け魚や佃煮など自社ブランドの製品はもちろんのこと、優れた産品を製造している函館・道南の企業から特に良い品を厳選して仕入れ、それを全国各地で販売する「道南食材のセレクトショップ」としての役割を果たしています。出店地域によって販売する品目を変えるなど、消費者の好みに合わせたきめ細かな対応が支持され、「北海道物産展に欠かせない店」としてバイヤーや一般消費者から支持を集めています。

原点に立ち返り、出汁のおいしさを地元で発信

道外では北海道物産展の名物店として知られていますが、地元では業務用卸を中心として営業してきた同社。新型コロナウイルス感染症の影響で催事出店がストップしたのを機に、地元でもエンドユーザーとの接点を増やし、消費者に直接良い品を紹介しようと、2020年に本社併設の直売所をオープンしました。物産展で人気の魚卵(いくら・たらこなど)、塩干物(塩鮭・ホッケの開きなど)をはじめ、佃煮(甘露煮・昆布巻など)、生珍味(塩辛・松前漬など)、乾燥珍味などを幅広く扱っています。
とりわけ力を入れているのは、かつお節や昆布など「出汁」の素材。同社は創業当時から函館で唯一のかつお節工場を所有しており、今も自社のかつお節職人が鹿児島県枕崎市や静岡県焼津市などの産地から良い魚だけを目利きして仕入れ、自社工場でかつお節に加工しています。
近年、日本独自の「出汁文化」が見直されつつある反面、手軽な顆粒だしや液体だしの普及により、素材から出汁を取る家庭は減少しています。「顆粒タイプや液体タイプの出汁もおいしいが、香りは素材から取った出汁が格段に良い。ぜひ家庭でかつお節や昆布から出汁を取って、日本伝統の味を忘れないでほしい」と副社長の長谷川聡さん。直売所に並ぶかつお節は、地元の飲食店やホテル、仕出し店などに納品している自社製品と基本的に同じ。長谷川さんは「当社の原点は出汁屋なので、お客さまから『山丁のかつお節はおいしい』と言ってもらえることが喜び。函館でかつお節を削っている唯一のメーカーとして、その灯を消さずに守り抜いていきたい」と決意を新たにしています。

自社で製造している削り節は、直売所で最も人気がある商品。出汁を取るのに適したカツオを職人が目利きして仕入れ、ボイルして身を締める「煮熟(しゃじゅく)」、熱を加えて燻製にする「焙乾(ばいかん)」など幾つもの工程を経て、香り高くて味わい深い上質なかつお節に仕上げます。削りたての味を楽しみたい人のために、削る前のかつお節「本枯れ節」と削り器も販売しています。

一般的な「花かつお」のほか、おひたしや冷奴などの料理に使う「糸削り」、アクが少なく上品な出汁が取れる「血合い抜き」、濃い出汁が取れる「厚削り」など、用途に合わせてさまざまなかつお節をラインナップ。いわし節やさば節など、かつお節以外の削り節も取り揃えています。業務用には、使う部位や厚さなどを用途に応じて細かく調整するオーダーメイド対応をしています。
函館真昆布をはじめ、羅臼昆布、利尻昆布、日高昆布など全道各地の昆布を取り揃えています。どれも産地の前浜で採れた良質な昆布を直送して販売しており、なかでも函館真昆布の最高級品「白口浜真昆布」は、実際に足を運んで厳選したものだけを扱っています。
冷ケースには、ホッケやカレイの干物、魚卵、塩紅鮭など、全国各地の物産展で人気の商品が並びます。お中元やお歳暮など、贈答品を買い求めるために訪れる市民も。直売所ならではの掘り出し物が登場することもあります。
直売所がある本店や市内大手町にある工場では、魚のカットやパッケージング、漬け魚・佃煮の製造などを行っています。
「ゆっくり商品を選んでほしい」との考えから、直売所内に店員は常駐していません。商品への質問がある場合や会計の際は、レジ横の呼び出しボタンを押すと社員が対応してくれます。
山丁長谷川商店
新型コロナウイルスの影響で
休業・営業時間変更の場合があります
山丁長谷川商店
所在地
函館市広野町5-8
Googleマップで見る
電話番号
0138-23-2474
営業時間
9:00~17:30(土曜は12:00まで)
休業日
日曜日、祝日
アクセス
JR函館駅から車で約8分
駐車場
5台

食材カタログ「南北海道食彩王国」
[ 渡島総合振興局 ]

南北海道食彩王国

創意工夫を凝らした和洋菓子「函館スイーツ」

函館スイーツ

函館・道南のお菓子文化を紹介
[函館スイーツ推進協議会発行]

KANOKA【菓の香】

海鮮王国「函館」の魚販店情報
[函館市水産物地方卸売市場発行]

海鮮王国「函館」の魚販店情報

夜景、グルメ、街歩きなど、
函館観光の最新の話題をお届け

函館市公式観光情報 はこぶら

食や歴史のイベント情報満載。日付で簡単検索

K

団体旅行企画や、記事・番組作成に役立つリンク集

公共交通機関の便利なルート検索。乗り放題チケットの購入も